【2014年度卒業公演】

~ S T O R Y ~

月の光の下、詩人と老婆は邂逅する。水面に映る、町と家族の記憶。
猥雑で、にぎやかなあの街が好きだった。
決して完璧ではない、どこか憎めない彼らのことが好きだった。


さよなら、僕の少年時代――